「すそが」手術の種類

アポクリン汗腺から出る汗がすそがの原因ですので、アポクリン汗腺を除去する手術を受けるのが、すそがの治療には有効だと言えます。

 

どんな手術を行うのか

不快なアンモニア臭が発生するのは、肌にもともと存在する菌が、アポクリン汗腺から出た汗と合わさることで発生します。この時合わさるのは汗だけでなく、肌の皮脂も一緒になります。これがすそがの原因です。

 

このようなメカニズムから、すそがは皮脂をなくせばいいのではないかといえば、そうではなく、やはりベストなのはアポクリン汗腺の除去です。

 

除去手術はどんなもの?

すそがと同じような症状に「わきが」がありますが、こちらの手術はあまり難しくありません。それに比べて、完治するには一度の手術では容易にいかないのがすそがの手術であり、これはこの手術のデメリットです。そのため、実は病院などでもそこまでポピュラーな手術ではありません。

 

これは、すそがの手術で除去するのはデリケートゾーンにあるアポクリン汗腺ですが、このアポクリン汗腺がある部分がとてもわかりにくいためです。

 

 

選択肢としては剪除法

わかりにくい箇所にアポクリン汗腺が存在するすそがの手術は、上記のように難度が高いのですが、わきがの場合は単純なものです。わかりやすい箇所にまとまって存在するアポクリン汗腺を、全体的に皮膚と一緒に除去します。

 

上記のような手術の他に、皮膚をカットして、内部のアポクリン汗腺だけを除去する「剪除法(せんじょほう)」という方法があり、わきがの場合は保険が適応できるものの、すそがの時は保険が適応されず、手術にかかる金額が高額になる可能性があります。

 

これは、わきがの場合は、手術跡が付くことに抵抗がある人が多く、そういった人はこの剪除法を用いるためです。

 

 

ほかにも手術法はある

場所がデリケートゾーンという場所なだけに、すそがの手術ではポピュラーではないものの、アポクリン汗腺除去の「吸引法」と呼ばれる手術もあります。そして、現在ではすそがの手術において最適とされるのが、「電気凝固法」と呼ばれる手術です。

 

汗を軽減するため、肌に刺したニードルから電流を与え、アポクリン汗腺に熱を加えて固まらせてしまうのです。金額も約15万円と手の届くもので、傷跡がつきにくいうえに痛さも感じません。

 

ですが、この手術を行う場合も、何度か手術を繰り返すことが、完全に治し切るには必要である可能性があり、それだけデリケートゾーンのアポクリン汗腺は手術しにくい場所であることを念頭に置いておいた方がいいでしょう。

 

関連ページ

「すそが」って何?人にうつるの?
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。
「すそが」になる原因
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。
「すそが」を治す方法
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。