デリケートゾーンのかゆみの原因と対策を知る

デリケートゾーンはまさにデリケートで、多くの人が一度は経験して、誰かに相談しにくいのがデリケートゾーンのかゆみでしょう。

 

実際にはこのかゆみの多くは蒸れやおりものあるいはナプキンでのかぶれとか、汗などが原因であり、病院へ行くような深刻な病気ではないのです。

 

まず大前提として、デリケートゾーンはショーツやパンティストッキングで通気性が悪くなるので、蒸れやすくなります。そのため、かゆみがある場合は、なるべく通気性の良いものを着るようにしましょう。

 

 

ナプキンはきちんと取り換えること

ナプキンを使う生理中にかゆみが起着ることが多々あります。吸収性が良いナプキンで、汚れていないからと取り換える回数が減ることもかゆみの原因になります。

 

見た限りでは汚れていなくても、実は湿気で雑菌が繁殖していて、それがかゆみの原因になるのです。ですからナプキンはきちんと取り換えて、ウォッシュレットでデリケートゾーンを清潔に保ちましょう。

 

 

敏感肌やアレルギー体質、疲れている時

敏感肌やアレルギー体質だとデリケートゾーンにかゆみが起こりやすいことがあります。また、ストレスが溜まっていたり疲れていると身体の抵抗力が落ちるために、かぶれやかゆみが起こることもあります。

 

さらに糖尿病や妊娠中、あるいは抗生物質を服用するとデリケートゾーンがかゆくなることがあります。最後に、ホルモンバランスが乱れる更年期に身体が暖まるとかゆみが起きることがあります。

 

 

膣カンジタ菌感染によるかゆみ

カンジタ菌は健康な女性の誰もが持っているデリケートゾーンの常在菌ですが、風邪をひいた、あるいは疲労やストレスが強いことなどが原因で増殖して、おりものが増えたり、かゆみを感じるという症状が起こります。

 

おりものの状態がカッテージチーズのような場合は、膣カンジタの可能性があります。その時はデリケートゾーンを清潔にして軟膏などを塗りましょう。

 

 

それ以外の感染も考えられる

デリケートゾーンのかゆみに、大腸菌やブドウ球菌が原因の感染性外陰炎があり、トリコモナス原虫でのトリコモナス膣炎やパピローマウィルスによる尖圭コンジローマが考えられます。

 

これらの病気ではデリケートゾーンの皮膚がただれたりしますし、痛みがあるかゆみが起きますから、痒くて痛いという場合はすぐに婦人科で診察を受けることをおすすめします。

 

関連ページ

デリケートゾーンの臭いは病気の兆候かも?
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。
デリケートゾーンの保湿方法
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。
デリケートゾーンの黒ずみの原因
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。