デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる女性は多いです。人の皮膚はスキンケアや脱毛で刺激を受けますが、角質層が薄い部分はメラニン色素でシミや黒ずみになりやすいのです。

 

デリケートゾーンの角質層葉薄いので下着やナプキンでの摩擦や脱毛などで刺激を受けること黒ずみになりや水部分です。

 

世の中には黒ずみに関する誤った通説があるので、間違った黒ずみ対策をする方多いです。また、大陰唇や小陰唇、お尻が黒ずみになりやすく、特に小陰唇の黒ずみに悩む女性が多いようです。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみの原因は顔のシミと同じで、メラニン色素です。肌にメラニン色素が沈着しやすくなるのは加齢やホルモンバランスの乱れが引き金で、メラニン色素が皮膚に沈着すると黒ずみが目立ってきます。

 

また、ほかの原因として考えられるのは、下着での摩擦や炎症での皮膚へのダメージなどです。化学繊維の下着や身体に密着するジーンズなどはデリケートゾーンを摩擦で刺激しやすいので注意しましょう。

 

さらにナプキンでのかぶれや炎症が起こらないようにデリケートゾーンを常に清潔にすることが大切ですので、清潔を心がけましょう。

 

 

メラニンの合成を抑えるクリーム

美容皮膚科クリニックではメラニンの合成を抑える効果があるハイドロキノンあるいはレチノイン酸配合クリームを処方してくれます。また、クリニックでケミカルピーリングをしてもらうこともできます。

 

ピーリングは黒ずみと同時に皮膚のざらつきを無くしてスベスベ肌になるでしょう。市販化されているデリケートゾーン専用ケア商品では、メラニン色素の生成を抑え美白成分が配合されている商品も多数ありますので、まずはセルフケアしてみるのもいいでしょう。

 

 

外科的手術でも対策可能

すぐにデリケートゾーンの黒ずみを何とかしたいという場合には、小陰唇の手術もあります。あまり時間をかけないで黒ずみ部分を切除する手術をしますが、小陰唇を小さくすることで皮膚への摩擦による刺激が少なくなります。

 

ただし、デリケートゾーンの黒ずみはどうしてもある程度は起きますから、神経質になりすぎないことです。気になって仕方がないという場合は医師に相談しましょう。

 

 

>>>デリケートゾーンのにおい対策|専用ケア商品おすすめランキング

関連ページ

デリケートゾーンの臭いは病気の兆候かも?
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。
デリケートゾーンの保湿方法
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。
デリケートゾーンのかゆみの原因と対策を知る
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。