石鹸は弱酸性と弱アルカリ性のどちらを使うべき?

しばしば誤解されやすいのがデリケートゾーンを清潔にするとき使う石鹸やボディソープです。石鹸やボディソープの洗浄成分には弱酸性と弱アルカリ性があります。

 

デリケートゾーンは洗い方に気をつけるのはもちろんですが、使用する石鹸石けんやボディソープにも注意する必要があります。デリケートゾーンは皮膚が薄い粘膜なので、使用する石鹸やボディソープに含まれている成分の影響も受けやすいのです。

 

 

化学合成の界面活性剤は要注意!

一般的な石鹸やボディソープで化学合成の界面活性剤を含むものは、洗浄力が強いので角質層が薄いデリケートゾーンの粘膜には強い刺激になるリスクがあります。

 

また、洗いすぎると善玉菌までが洗い流されてしまい、悪玉菌が増えて臭いの原因になるリスクがあります。さらに添加物の成分は肌荒れなどの肌トラブル原因になることがあります。

 

 

合成界面活性剤は粘膜には要注意!

泡立ちのよい石鹸やボディソープは洗浄力の面では良いのですが、泡立ちがよいということは界面活性剤が強いことです。したがって洗浄力が強いのですが、それは化学合成でつくられた合成界面活性剤だからです。

 

洗浄力の高い合成界面活性剤は皮膚に必要な成分まで落としてしまうことがあります。特に粘膜には刺激や負担を与えるリスクが大きくなります。

 

 

弱酸性と弱アルカリ性ではどちらを選ぶべきか?

デリケートゾーンを洗うための石鹸やボディソープは、不要な雑菌と汚れを落としながら、一方でデリケートな粘膜に刺激や負担を与えないものを使うことで、弱酸性と弱アルカリ性も重要なポイントになります。

 

弱酸性が肌にやさしいイメージを持っている理由は、皮膚や粘膜が弱酸性なので皮膚に馴染みやすく負担にならないからです。ただし注意が必要なのは酸弱性の石鹸やボディソープには合成界面活性剤が使われることが多いことです。

 

また、石鹸は製造方法の性質上どうしても弱アルカリ性のものが多くなります。弱アルカリ性の石鹸やボディソープは弱酸性の皮膚の汚れを落としやすくなるので汚れを落とすのにはいいのですが、洗い過ぎると皮膚に過剰な刺激や負担になります。

 

以上より、「弱酸性で合成界面活性剤が使われていない石鹸」がデリケートゾーンの臭いケアには良いでしょう。

 

 

 

■デリケートゾーンは刺激しないようにやさしく洗うこと
デリケートゾーンにはアポクリン汗腺が集中しているため臭いがしやすくなりますが、臭いの原因となる雑菌の餌である皮脂や汗をしっかり洗い落とすことが重要です。

 

ただし、洗う際に強くこするとデリケートゾーンに必要な善玉菌まで洗い流してしまうリスクがあるので、弱アルカリ性の石鹸やボディソープを使い、洗う部分をこすらないように、やさしく洗うことが大切です。

 

 

>>>デリケートゾーン専用石鹸おすすめランキング

関連ページ

デリケートゾーンの臭い汗を改善する方法
独特な臭いでなかなか消せない女性のデリケートゾーンの臭い。その対策法についてお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンの臭い専用グッズを、人気ランキング形式でお伝えします。
臭いを改善するおすすめの食べ物
独特な臭いでなかなか消せない女性のデリケートゾーンの臭い。その対策法についてお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンの臭い専用グッズを、人気ランキング形式でお伝えします。
それ正しい?デリケートゾーンの正しい洗い方
独特な臭いでなかなか消せない女性のデリケートゾーンの臭い。その対策法についてお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンの臭い専用グッズを、人気ランキング形式でお伝えします。