臭いを改善するおすすめの食べ物

多くの人がデリケートゾーンの嫌な臭いを消そうと専用の石鹸などを使用しています。このような消臭対策は外側からですが、身体の中からもデリケートゾーンの臭いを予防・改善する必要があります。

 

そのためには今の食生活を根本から見直すことが第一ですから、ここでデリケートゾーンが臭わないようにする食べ物とメニューをいろいろと見ることにします。これで今までの悩みが大幅に改善されますからぜひ毎日の食事に取り入れてみましょう。

 

 

まずは腸内環境を正しく整える


デリケートゾーンの臭いを体内から予防し改善するのに必要なことは、まずは腸内環境を正しく整えなければなりません。たとえば便秘がちである、あるいは逆に下痢気味だという時は腸内環境が悪くなっているのです。

 

そのような場合は腸内にアンモニアが発生して、腸内から血液に吸収され、アポクリン汗腺から汗になって体外へ出されますから、デリケートゾーンゾーン特有の不快感がある臭いになります。

 

 

腸内環境を整える食べ物

このような悪化した腸内環境を正しく整える食品には食物繊維や乳酸菌があります。またコレステロールの善玉菌を増やするオリゴ糖も腸内環境の改善に効果的です。

 

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やす一方で便秘や下痢の原因になる悪玉菌を大幅に減らす作用があります。つまり腸内の悪臭の元となる菌の繁殖を抑えてくれるのです。

 

 

デリケートゾーンの臭いを抑える食品

デリケートゾーンの臭いを抑える食品は抗酸化作用があるものです。すなわちビタミンCやビタミンE、βカロテンやカテキン、ポリフェノールなどが多く含まれる緑黄色野菜を食べるようにして、さらに緑茶を飲むようにします。抗酸化食品はたんぱく質や脂質の酸化を抑制する作用があるので、酸化による体臭を防いでくれます。

 

 

アルカリ性食品を食べるようにする

食べ物には酸性とアルカリ性があり、アルカリ性の食べ物を摂取すると体内で生産される乳酸を抑える効果があるので嫌な臭いがしなくなります。

 

食品ではお酢や梅干しなどと酸味が強い果物や海藻類等がアルカリ性で、臭いを抑えるだけではなく日頃の疲労回復にも効果があります。

 

 

腸内環境に良い食品は手近にあります

腸内環境を正しく整える食品は手近な食品ですから、いつでもどこででも購入して食べることができます。

 

食物繊維をたくさん含む野菜類をはじめ、味噌や納豆、キムチやヨーグルトなどで乳酸菌を摂取すれば腸内の悪玉菌が減り善玉菌が増えますから臭いも軽減されます。

 

なお、肉類などたんぱく質や脂肪分が多い食べ物を食べる時にはアルカリ性の野菜もきちんと食べることが大切です。

 

 

飲み物にも気を付ける

デリケートゾーンの臭い対策を身体の中からする飲み物は緑茶や紅茶、ほうじ茶など、カテキンを含むものを飲みましょう。また乳酸菌食品と海藻類も多めに食べるようにするとデリケートゾーンの臭い対策には有効です。

 

こうしてみると難しいことではなく、今すぐからでもできるものばかりですね。

 

 

>>>デリケートゾーンのにおい対策|専用ケア商品おすすめランキング

関連ページ

デリケートゾーンの臭い汗を改善する方法
女性のデリケートゾーンのにおいは独特でなかなか消せません。セルフケアで可能なにおい解消法をお伝えします。また市販で買えるデリケートゾーンのにおい専用ソープを、人気ランキング形式でお伝えします。